ベジタリアンの僕がベジタリアンを解説。(僕は厳密にはベジタリアンではない)

  ベジタリアンの僕がベジタリアンを解説。(僕は厳密にはベジタリアンではない)

ベジタリアンとは

ベジタリアンの語源

ベジタリアンのベジタは、ベジタブルのベジタではない。

通説によると、ベジタリアンの語源はラテン語の「vegetus」であって、英語の「vegetable」ではないらしい。
「vegetus」は「新鮮」という意味。
菜食主義や動物の福祉関連は常にイギリスがリードしてきたけど、菜食主義は1847年に創設されたイギリスのベジタリアン協会が、公式に「vegetarianism」「vegetarian」を採用し、これが広まったという。
自分が菜食主義者だというときに、どのような意味で「ベジタリアン」というのか、伝統的なvegetarianismを継承した立場であるのかどうか、真面目に考える人にとっては語源は重要かもしれない。
でも、僕にとっては、むしろ「野菜」という意味の方がわかりやすいし、正直どっちでもいい。
ただ、「ベジタブルじゃないんだって!」というのは、ちょっと面白い。

この記事は、本来このブログの趣旨である「道草暮らし」とは全然違うけれど、妻の要望によりベジタリアンの僕がベジタリアンを解説する。

ベジタリアンの種類

フルータリアン(Fruitarian)

下記のビーガンよりさらに強いベジタリアンで、取っても死なない植物しか食べない。根菜類は食べる部分そのものが植物の命であり、食べると死んでしまうため食べない。リンゴはリンゴの実を収穫してもリンゴの木は死なないし、種を食べるわけではないので食べてもいい。
そのほかはビーガンと同じ。

ビーガン(Vegan)

近年、一般的になってきた言葉に「ビーガン(Vegan)」がある。
日本語だと、完全菜食主義とか、純粋菜食とか言ったりする。
狭義の意味でVeganというと、生活のすべてにおいて動物性のものを利用しない。
動物の皮膚を利用する皮製品はもとより、カイコガの繭を生きたまま茹でて紡ぎ出すシルク(仮にカイコガを殺さないとしても動物性ということで利用しないが)、羊の毛であるウール、動物性原料のゼラチンなどを身につけたり利用したりしないし、例えば日本絵の具や書道の炭は動物性油である「膠(にかわ)」を用いて固めているため利用しない。
このように一切の動物性製品や食品を利用しないこと「ビーガン」をいう。
食事に関してのみ動物性食品を取らないことは、正確には「ダイエタリー・ビーガン(Dietary Vegan)」と言って区別する(Dietaryは食事という意味)。

かつての知り合いにビーガンの男性がいたけど、スーツ(シルクが入っている)も革靴もだめで大変そうだった。
厳密にはその人はフルータリアン(Fruitarian)だったけど、お太り様だった。。何を食べていても量食べれば太ります。

日本でビーガンをやるのはとても大変。
欧米ではビーガン食材が普通に売っていたりするけど、日本にはまずない。
うどんは出汁にカツオや煮干しが使われているし、日本食の多くはビーガン食ではない。
天然着色料の多くはカイガラムシなどの虫からできていて、もちろんビーガンは食べない。

ラクト・ベジタリアン(Lacto Vegetarian)

乳や乳製品がOKなベジタリアン。
ただし、ラクトベジのなかでもいくつか段階があって、機械による大量搾乳をされた乳はダメとか、不適切な乳牛の管理をされている生産者のものはダメ、とかある。
牛が乳を出すということは、妊娠・出産したということで、乳牛にどのようにして乳を出させるのか、で問題がある。
ホルモン注射や無理な交配、人工授精をおこなっていたり、生まれた子牛の扱いや(オスが生まれると屠殺されたりする。種牛となる場合でも母牛の乳は商品なので代用乳で育てられる)、高齢になって出産しなくなった牛をどうするのか(牛肉や牛革の原料として屠殺されることが多い)、などにより、変わってくる。

ラクトベジでも、一般的なチーズは食べない。
チーズを固めるためにはレンネットという物質が必要で、このレンネットは子牛の第4胃を塩漬けにして作るため。
植物性のレンネット代替品を使ったベジチーズもある(乳製品なのでもちろんビーガンは食べない。欧米では、ビーガン用の偽チーズも大豆原料など多数発売されている)。

オボ・ベジタリアン(Ovo Vegetarian)

卵がOKなベジタリアン。
鶏の卵はOK。母体の腹を割いて取り出すイクラ等はだめだと思う。
オボもいくつか段階があって、卵はなんでもOKな人もいれば、平飼いの卵だけOKな人もいる。
なぜ平飼いはOKなのかというと、一般の卵は悪名高いバタリーゲージによって親鶏を飼育しているため。
バタリーゲージによる飼育とは、卵が産める状態になった鶏を身動きがとれないほどの小さな檻に入れ、ほぼ一生そこで過ごさせる。このゲージは卵を取り出せるように床も金網、卵が転がり落ちるように床に傾斜がついており、その檻を何段にも重ねている。鶏は集団で暮らす生き物で序列を作る習性があるため、横の鶏をつついてしまうので、爪やくちばしを切り落とす。一生と書いたが、その一生とは1年くらいで、用済みとなった親鶏はチキンスープの素などの加工食品にされる。
平飼いでも、鶏の選別方法が問題となることもある。
日本の養鶏場では、孵化したヒヨコがオスだと殺処分されることもあり、そのような場所の卵はダメ、とか。

卵も乳もOKなら、ラクト・オボ・ベジタリアンという。

ペスコ・ベジタリアン(Pesco Vegetarian)

魚もOKなベジタリアン。
基本的には、卵も乳もOK。
ただし、国際ベジタリアン連合は、これをベジタリアンと認めておらず、厳密にはベジタリアンではない。
近年、魚にも痛覚があったり、ストレスを感じるということが明らかとなっており、動物倫理的な理由でベジタリアンとなっているのであれば、その意味でもペスコベジはベジタリアンを名乗ることはできないように思う。

ポーヨ・ベジタリアン(Pollo Vegetarian)

ペスコに加えて、鶏肉も食べる。
動物=哺乳類と考えて、動物じゃないもの=鶏や魚はOK。

昆虫食 ベジタリアン?

未だ聞いたことはないけれど、そのうち出てくると思う。
多分、昆虫・卵・乳はOKになるかな。
魚を食べるよりもハードルは低い(気持ち悪いとかではなく倫理的に)ので、ペスコ・ベジタリアンの上に位置するのではなかろうか。

昆虫食の研究やブームは世界的に広がっていて、近い将来重要なタンパク源になるらしい。

ベジタリアンになる理由

ベジタリアンになる理由には、大きく分けて4つあると言われている。

  • 宗教
  • 環境
  • 健康
  • 倫理

でも僕が一番大きな理由だと考えるのは、「共感」の概念。

宗教

仏教

仏教は菜食主義だと思われているけど、実はそんなことはない。
仏教にもいろいろあるので一概には言えないけど。
基本的に在家信者は肉食も自由。チベット仏教やタイ等南方に伝わった上座部仏教では、出家した僧にも肉食を禁止していない。
ただ、出家した僧侶は、自ら殺してはならないという戒めがある。でも、托鉢などで信者から施されたものは、肉でもなんでも食べる。熱心に振る舞ってくれる信者がいると、僧侶はどんどん太ってしまう。
ただ、自分に施すために殺すのはいけないらしい。

中国から日本に伝わった大乗仏教では、基本的に出家僧は肉食禁止。
でも日本に伝わったのち変容した、いわゆる鎌倉新仏教では、曖昧。
浄土真宗は正式に肉食OK。
一部宗派では、肉類をとらない精進料理が発達して、肉だけではなく刺激的な五葷(ニンニク、ニラ、ネギ、ラッキョウ、ギョウジャニンニク)も禁止している。

キリスト教

キリスト教は基本的に肉食OK。
神は、人に地上のすべての動物を「支配しろ」と命じた。
だから、動物は人間に与えられたものであり、自由にしていい。
※「支配」ではなく「管理」であるとの異論あり。

かつてのカトリックでは、出家した信者は肉食を禁止されていたらしい。
でも肉を食べたかったカトリック僧は、海辺にいる鳥は魚介である、ビーバーは魚である、として食べていた、という話もある。

ヒンドゥー教

ヒンドゥー教は肉食禁止。
最大のヒンドゥー教国であるインドは、80%がヒンドゥー教徒。
でも菜食者の割合は4割くらいらしいので、ある程度段階があるみたい。

環境

地球環境を保護するため、菜食主義を励行することもある。
動物が食肉になるまで育てるために必要な穀物や水は、穀物や水をそのまま食べることの何倍もの資源が必要となる。
水が豊富な日本に暮らしているとあまり意識しないけど、国や地域によっては非常に貴重な水が家畜に利用されてしまうということもある。

飼料用の穀物が大量に必要となるということは、貧しい国々の人が食べるための穀物がそちらにまわるということでもある(高く買ってくれるので)。

牛などの動物のゲップが温室効果ガスを大量に排出していて、地球温暖化の原因となっているという指摘もある。

健康

菜食主義は健康になると言われていて、さまざまな研究がおこなわれている。
むしろ健康に悪いとの研究もあり、正直なところわからない。

ダライ・ラマ法王は、健康問題で菜食主義をやめているけど、本当に菜食が原因だったのかどうかも定かではない。はっきりしているのは、ダライ・ラマ14世は84歳の現在も、お元気だということ。

自分のことを言うと、40を過ぎた今いたって健康。
魚も食べないほぼビーガンな生活をしていた数年のうちに受けた健康診断では「コレステロール値が低すぎる。魚の油くらいちょっととるとかできない?ま、私からしたらうらやましいけどねw」と、ちょっとぽっちゃりとした女医さんに言われた。

いろいろな研究がおこなわれていて、少しほかのベジタリアンの人と交流をもっていた時期に、僕も女子栄養大学の被験者に誘われた。
行かなかったけど、多分この研究
『ベジタリアンの脂肪酸不飽和化酵素遺伝子多型による脂質栄養の解析』女子栄養大学、2016

でも、こういう研究でひとつ気をつけないといけないことがある。
僕が今まで出会ってきたベジタリアンの人たちは、とても健康意識が高い。
お米も白米ではなく玄米を食べる。
こういう研究の被験者になるような意識が高いベジタリアンは、おそらくほかの人よりも意識が高い生活をしていて、研究結果が本当に菜食主義が原因となっているのかどうかについて、気をつけたほうがいいと思う。

倫理

いわゆる、「動物の権利」や「動物の福祉」を理由としたベジタリアン。
そんな難しく考えないで、「動物さんかわいそう」でもこの理由。

菜食主義だけではなく動物の扱いに関しては、大きく分けて上記の二つの立場、「動物の権利」と「動物の福祉」がある。

「動物の権利」論者は、動物にも権利があり、殺すなんてもってのほか、だと主張している。

「動物の福祉」論者は、動物も苦痛を感じる存在であることに鑑み、取り扱いには十二分に気をつけるべき、という立場。
先に挙げた鶏や牛の扱いや、食肉となる動物の扱い、と殺の方法、などが問題となる。

倫理ベジの思想的支柱となった人物として、アメリカの功利主義者ピーター・シンガーがあげられる。
シンガー本人が動物の権利運動をおこなったわけではないが、彼の主著である『動物の解放』(1975)は、菜食主義や動物の権利論の思想的根拠となり、今もなお大きな影響力をもっている。
ちなみに73才でまだご存命。

共感

僕が、菜食主義の最も大きな理由として考えるのは、「共感(sympathy)」の概念。

18世紀イギリスの偉大な哲学者デイヴィッド・ヒュームは、「共感」を論じたことで知られる。
人間は、集団で生活する中で「共感」という作用を通じて、ほかの人と感情を共有し、そこから倫理が生じる、とした。それまで倫理は理性から生じるとされてきた哲学の世界で、倫理は感情から生じると真逆のことを言ったわけで、ヒュームの大きな功績のひとつ。
この共感の概念が、ピーター・シンガーの立場である「功利主義」のもととなったとも言われている。
同じ時代で『道徳感情論』で有名なアダム・スミスも「共感」について触れている(アダム・スミスは、現代経済学の出発点とされる『国富論』も有名)。

この「共感」の概念が、「なぜ食べないのか」を説明する鍵だと思う。
ほかに、菜食主義と共感を論じた文献はみたことがないけれど。

「何を食べて、何を食べないか」

「何を殺してもよくて、何を殺してはいけないのか」

といったことは、ピーター・シンガーのような厳格な科学者や、熱心な宗教者は別として、結局は「感情」によると思う。

なぜ、ブタは食べて犬は食べないのか。

それは、ブタよりも犬に共感を感じるから。
販売されている豚肉は食べても、自分のペットのミニブタは食べない、というのも何もおかしくない。
どこかで殺されたブタには共感感情はわかないけど、ペットのミニブタには共感を感じる。ペットが痛がっていれば自分もつらい。これは当たり前のこと。

「食べる、食べない」「殺す、殺さない」の間には、どこかに線がある。
この線は、人それぞれ違うし、同じ人でも時と場合により移動する。

犬を食べる食文化がある中で育った人は、犬を食べる側に共感の線が引かれている(食用の犬には共感を感じない)。

一般的な日本人は、食肉となるブタやウシには共感を感じない。
でも、と殺場をみたり、お話を聞いたりすれば、しばらく「線」が動いて共感を感じる存在となり、食べなくなる。
その線は、次第に元に戻っていくことが多いけど。

ニュースで、どこか遠くの人が大勢虐殺された。と聞くよりも、仲良くしていた近所の犬が死んだ、という方が、共感の感じ方は強い。
心臓病の子をひとり助けるために数千万円のお金を集めても何もおかしくない。
たとえ、そのお金を発展途上国で有効に使えば、数千人の子供を助けることができるとしても。
遠くの誰か、よりも、知っているあの子、により共感を感じるから。

ベジタリアンは、この共感が普通の人よりも強いんだと思う。

人間、 犬、豚、鳥、魚、植物・・

どこのラインまで「共感」を感じ、どこに「食べない」の線を引くのか。

僕がベジタリアンになったわけ

僕は現在、魚も食べるペスコ・ベジタリアンなので、厳密にはベジタリアンではない。
2008年にベジタリアンになり、途中魚も食べないラクト・オボになったときもあるけど、現在は魚を食べる。
当初は、変な理由でベジタリアンを始めた。

ベジタリアンになった理由は、ほんのちょっとした違和感。
魚は自分でさばくことができる。
でも、鶏を絞めたり、動物を解体したりすることはできない。
技術的な意味ではなく、心情的に。
おそらく、と畜場を見学に行くことすらできない。
動物を生産あるいは捕獲し、殺し、解体する。
この過程のすべてが分厚いベールの向こうでおこなわれ、その果実だけを享受している。
何がおこなわれているのか知っているのに、自分はみることすらできず、誰かその嫌な役目を負ってくれている人に任せている。
なにかおかしくないか?という違和感。
上に書いた「ベジタリアンになる理由」のどれにも当てはまらないけれど、僕のきっかけはこれだった。
だから、最初は魚も食べていた。
自分で殺してさばけるから。

そして、ベジタリアンになってから、いろいろ考えた。
きっかけとなった理由は、今もベジタリアンを続けている理由にはなっていない。
今はやはり、倫理的な理由と共感。
動物を殺して食べる権利は、僕にはない。
卵は、できるだけ平飼い卵だけを買う。
魚を食べるときは、少し心を痛めて食べる。
動物は、痛みが共感できる。
魚は、痛みを感じると言われても、共感が難しい。

ベジタリアンになってから、不思議なことにお肉を食べたいと思ったことが一度もない。
でも、一部ベジタリアンの人が言うように、焼き肉の匂いが気持ち悪いとか感じたこともない。

ベジタリアンと社会生活

魚も食べるベジタリアンなら、社会生活をするうえで困難に感じることはない。
仕事の面で付き合いや接待もあったけど、少なくても都心部で仕事をしている限りにおいては、問題ない。
「お肉だめなんですよ」と言えば、誰もそれ以上突っ込んでこない。
昭和的な感性が色濃く残る地方だと、大変かもしれないけど。

以前住んでいた都心部には、ベジタリアンでも行けるお店がいっぱいあった(ここ数年とても増えた)。
地方でも安心なのは、やはりチェーン店。
フレッシュネスバーガー、モスバーガーのソイパテ、そしてなぜかどこにでもあるインドカレー屋さん。
ビーガンレベルで大丈夫かはわからないけど、僕みたいな半端なベジタリアンはこれらが御用達。

妻は、ベジタリアンではない。
でも元々それほどお肉を食べない人で、まったく問題ないらしい。
外食したときだけ、たまにお肉を食べるくらいで。
よかった。

記事全体の中から前後の記事

同じカテゴリー[ そのほか ]の前後の記事

同じシリーズ[ ]の前後の記事

同じ著者[ 夫執筆 ]の前後の記事